業務トピック

緊急事態宣言下でのご相談対応について

ご相談は継続して受け付けています。

新型コロナウイルスに関して、緊急事態宣言が出ておりますので、外出の自粛等が求めらている為、「相談に行ってもよいですか?」というお問い合わせを複数頂戴しています。

当事務所は、緊急事態宣言を受けて、以下のように一部制限を行っておりますが、ただいまもご相談をお受けしております。

一部制限

面談時間の短縮

例えば、通常は1時間程度かけて詳しく説明するようなものでも、できるだけ30分以内で終了することを目安に、部分的に省略してご説明することがあります。(不足する部分は、相談前後にお電話でサポートしています。)

換気・消毒

暖かくなってきたとは言え、若干寒い日もありますが、面談中は、玄関のドアを開けて換気を行っています。また、空気清浄機を稼働させ、面談前後は、アルコール消毒(もしくは次亜塩素酸水消毒)を行っております。

相談実施の理由

当初は、当分の受任制限を検討しておりましたが、新型コロナで社会が不安定になる為に発生する法律問題や、期限が迫られている法律問題への対応など、法律に関する手続きは、この間も時期を待たずして求めらていることをお問い合わせを通じて痛感しています。
このような環境の中、相談に来られるご依頼者様も、人と会うことは不安とは思いますが、そのままにしておけない問題も少なくありませんので、できうる限りの環境を用意して、ご相談を実施しております。

PAGE TOP